おつとめ
おつとめは、天理教の実践において重要な位置を占めています。 おつとめによって心の掃除を行います。 心が澄むことによって、精神をより強くすることができるのです。
貸し物と教えられる体を通して、神様とコミュニケーションをとることができます。 人によって感じ方は様々ですが、それが生きる力、エネルギーとなります。
おつとめはまた、人さまへの祈りでもあります。病気の快復、家庭や社会の幸福、世界の平和を祈るものでもあります。 人さまへの祈りを通して、真の救済へと導かれます。 天理教教祖、おやさまは「人を助けてわが身助かる」とお教え下さっており、まさにおつとめによって一個人に留まらない救済の達成を目指すのです。